FC2ブログ

『BLUE REFLECTION』は世にも珍しいサントラゲーでした

ボス戦をヘッドホン付けてBGMガン上げでやってる間だけ神ゲー
岸田メルと時雨沢恵一が看板はってるけど、殊勲賞はSD兼楽曲担当の浅野隼人で間違いないと思う。

キャラクターデザイン、モデリング、楽曲、エフェクト、カメラワークが噛み合って戦闘シーンは見ていて飽きない。
日常コミュニケーションパートは退屈で死にそうになるが、上記のおかげで最後までモチベは保てた。
シナリオみたいなものは特にこのゲームには無いです。
この作品は『ロープレ系のコマンド選択型戦闘というビジュアルで装飾されたサウンドトラック』なんで。

○追記○
しかし日常が退屈なのだからこそ、幻想への飛躍の羽は煌びやかに瞬くのだ。
羽は、薄ければ薄いほど、脆ければ脆いほど、光を纏うように煌めく。
もう既に飛べぬ羽、壊れきった羽が、幻想の中で羽ばたくならば、
これはもうどうしようもなく美しいに決まっている。

不遜にも、彼女はその証明に他ならない。

東亰ザナドゥはそれなりには面白いけどそれなりでしかない

アクション部分は小気味よい操作感と程よい周回時間、爽快感の有る各種エフェクトにファルコム印の高いクオリティの楽曲。
総合的に見れば携帯機では最高レベルのアクションゲーム。(まあやったのはPS4版だけど)
GEやMHのような討伐系ではなく、ショートダンジョンタイムアタックみたいな感じ。


様々なキャラクターがいて、ほぼモブキャラ寸前みたいな奴もキャラクター情報が更新されたりして凝っているのだが、
それはそれとして、主役キャラ同士の関係性みたいな者が特にハッテンしないのが悩み。
最近のペルソナみたいに彼女作れたり、あるいはゴッドイーター2みたいにハーレムにしたりないのかね、、、
と思って黙々と進めていたが無かった。
キャラクターはかなり時代の流行りを汲んだ造形で新鮮なのだが、だからこそもったいないという感想が第一。
主人公がヘタレじゃなくて侠気のあるやつだったからこそ、余計に恋愛要素が欲しかった。
そんな感じでした。

Horizon Zero Dawn ~ 吉田沙保里物語 ~

Horizon Zero Dawn終わりました。ステルス難易度含めて、戦闘の難易度は低い(慣れるまではダクソレベルで死ねる)。
なんでこんな機械共が良く燃えるのか分からないが、とにかく大体燃やせば勝てる。
芸術性とストーリーは非常に良いんだけど、ストレスが結構貯まりやすい困ったゲームだった。
アサクリみたいに登らないと行けない場所が多いんだが、その登る箇所がとにかく解らないのが困る。
機械生命体の挙動やグラフィック全般なんかは1145141919点差し上げたいくらいなんだが、
上記のような、つまらない欠点が目に止まってしまい、手放しで褒める事は出来ない惜しい作品。

なにより一番の惜しい点はヒロインが吉田沙保里にしか見えない所だ。
……これとニーアが同時期に出たのは、なんというか皮肉のような気もする。
(ただ、古くささに固執するニーアにとっては、HZDのゲームデザインが皮肉になってるのも面白い)


貴重な遠未来SF設定RPGなので、そういうのが好きな人は是非。

スパロボVがOGMDの残念な出来を全て吹っ飛ばしてくれた件

オリキャラ除くと、ルー・ルカがフルクロスに乗ってトップエースでした。

煩雑になりすぎたシステムをバッサリ簡略化したり、
行動後や敵ターン中の精神使用可能(画期的すぎる)によるストレスフリー化がすごい。
スキル枠の制限撤廃で好きなキャラにより多くの愛を注げるのも良い。

徹底してストレスを無くす事で、今まで以上にクロスオーバーしたシナリオや世界感をよりダイレクトに楽しめた気がする。
今作は設定上でのクロスオーバーから力が入っていて、そこをそう繋げるか!という点が多くあって楽しかった。
DLCの追加シナリオも、どれも会話が楽しくて買って良かった。

唯一残念なのは、乗り換え可能機体の一部にキャラ専用技があること。
スパロボの醍醐味を否定しちゃアカンでしょ・・・。

10年以上ぶりにインフルに!!

かーっ!!仕事休まないといけなくて辛かったわ!!9連休してしまったわ!!かーっ!!
プロフィール

沙原 塞

Author:沙原 塞
 中1から萌えオタの社会人ゲーマー。ゲーム以外の趣味というと、自分の為に駄文を書き連ねるのが好きですが、ここはそういう散文の投棄場だとも言えます。
 さて、シスタープリンセスが連載されていたG'sマガジンを毎月楽しみにしていたあのころが懐かしい今日このごろ。みなさまいかがお過ごしでしょうか・・・

メモ帳
カテゴリ
最新コメント
自分用リンク
検索フォーム
月別アーカイブ