FC2ブログ

水仙/5

 ざっ、という芝を撫でる程度の、枝葉が触れ合う程度の些細な音が届いた。
 長峰稜(ナガミネ/リョウ)は何気なくそちらを向いた。電灯は遠く、月明かりの届かぬ暗い樹の下(もと)を。

 小さな人影。
 暗い。誰かいるのだろうかと目をこらしても、闇は存外深く、稜の詮索には答えない。

 不意に、人影は月明かりの下へ歩み出た。
 今度は音を立てずに、幽明の堺を超えるように現れる人影。

 現れたのは幼い少女。
 艶やかな、朱とも白とも付かない、桜のような髪がまず輝きを放つ。
 唇と頬は血色のある鮮紅。
 男物のYシャツを外套のように羽織っており、裾から除く細い足は銀製の食器じみた輝きを帯びていた。

 その最奥で、双眸は獣の躍動感を孕みながらも、じっと稜を見据えている。 

 少女の顔に浮かぶのは、ぞっとするほど蠱惑的な笑み。
 場慣れた情婦のような、それでいて優雅さをもった所作。

「稜」

 少女が声を発した刹那、夜気が歪んだように不快な熱気を持った。
 仲秋の夜風はいつしか泥のように生暖かく、稜の四肢に絡みついていた。

 ゆっくりと少女は稜へと歩み寄る。
 陰影は仄かに移ろいゆき、蜻蛉が飛ぶように、水が伝うように、しかし確実に地を歩んでいた。

「稜、……稜」
 少女は睦言のように繰り返す。

 稜の口は開かなかった。出せるものが何もないのだ。
 記憶、疑念、驚嘆、感動。
 それら全てが少女の奇跡と偽飾による、幼く妖艶な美貌に組み伏せられている。

 ただ稜は半歩すくんだだけで、気づいたら添え木となって妖しき花に絡めとられていた。
 細い二本の腕は白蛇の鎖となって稜を縛っている。

「そういえば自己紹介がまだね」
 くすくすと笑いながら、稜の首筋をそっと白蛇が這って羽交い締めにしていく。
「私、タゼッタ。――ふふ。いただきます、稜」

 飛びつくようにしてタゼッタが稜の唇を奪う。
 少女の重力に引かれる勢いのまま、稜はよろけながら膝を折った。
 成されるままに唇を吸われ、小さな舌の蹂躙を許していた。

 柔らかで弾けそうな少女の唇。口腔を舐る薄らかな舌の感触。
 稜にとって初めてのそれは、しかし楽しむ余裕を全く与えない快感の雷火だった。

 しかし同時に、肉体的な刺激によって、置き去りにされていた稜の思考が事態に追いついていた。
 くべられた炉のように心拍数が跳ね上がり、駆け足で快感を噛み砕いてゆく。
 情欲の加速に乗った好奇心が、自らの舌を快楽の坩堝へと持ち上げる。

 そして絡み合う。
 タゼッタの舌は薄く、舌根には独特のざらつきのあり、それは子猫の舌を思わせた。
 時にはミルクを舐めるように、滑らかな舌先で口腔を擽り、時には求愛する蛇のように絡みつく。

 不意に、稜の膝が震え、そして地に着いた。
 そのまま全身の力が抜け落ちたように、後ろへ尻餅をつく。
 快感に圧されたからではなく、しかしなぜそうなったのかは稜自身もよくわかっていなかった。 

「え、あれ?」
 稜はすぐさま立ち上がろうとしたが、五臓が冷えていて、膝がさび付いたように動かない。
 それを見て、愉快そうにくすくすと笑うタゼッタ。

「炉に炎をくべてやり、歓喜の咆哮を上げさせなければ、車輪が回らないのは当たり前……ね」
 
 タゼッタは腰を抜かしている稜に覆い被さり、彼の下唇を舌先で一舐めした。
 目を丸くしている稜を尻目に、タゼッタは無理矢理稜のズボンを脱がしにかかった――

comment

Secre

プロフィール

沙原 塞

Author:沙原 塞
 中1から萌えオタの社会人ゲーマー。ゲーム以外の趣味というと、自分の為に駄文を書き連ねるのが好きですが、ここはそういう散文の投棄場だとも言えます。
 さて、シスタープリンセスが連載されていたG'sマガジンを毎月楽しみにしていたあのころが懐かしい今日このごろ。みなさまいかがお過ごしでしょうか・・・

メモ帳
カテゴリ
最新コメント
自分用リンク
検索フォーム
月別アーカイブ