FC2ブログ

水仙/3

 仰向けになったまま、眩しい満月にかざすようにして、そっと手を視界に入れる。
 月の光を透かすほどに白く、紅葉のように小さく、泡雪のように柔らかそうな手。

「は、はは……」
 とんでもないことになったのではないか、という衝撃に、背筋は青い電流で満たされていた。

 ――なぜ足が突如として空を切ったのか。

 弘兼はポケットから携帯電話をとりだして、カメラの機能を付けた。
 震える指でサブカメラに切り替え、液晶に自分の顔を映す。

 彼の動きはそこで止まった。
 落胆めいた驚き。だがそれ以上に弘兼の心は、液晶に映し出された造型に魅了されていた。

 幼さが完璧な均整によって魔性の魅力へと引き上げられた存在。
 大きな目は曇り無く世界を映し、懸かる淡い桜色の髪は月光に濡れて白銀に輝いていた。

 美少女。否、これは本当に少女の――人間の顔だろうか。
 人為、神意、無為、作為を超越し、寒気を感じるほどの完成度。
 そこにあるのは感動と驚嘆で覆われた違和。

「お前は」

 血色の良い唇が弾けるように言葉を紡ぐ。
 ひどく間の抜けた表情をしているくせに、それにすら愛嬌を感じる。
 これが非の打ち所無き造型の力か、と弘兼の憮然とした胸中は叫んだ。

「私は?」

 抗いようのない幸福感と、高らかな高揚感を伴って、鏡像によって自己が塗り換えられてゆく。
 愛しい人に手を引かれるような幸福感と、空への道を歩むような高揚感。

「アンドロギュノス、ヘルマフロディトス、サルマキス、キュベレー……いや違う」

 弘兼は魅入られた表情で最後の言葉を紡ぐ。
 それは自らの意志で自らを括るものを定義する儀式の終結。


「私は、タゼッタ」


 死と誕生。
 そして―― 『彼女』が立ち上がった。

comment

Secre

プロフィール

沙原 塞

Author:沙原 塞
 中1から萌えオタの社会人ゲーマー。ゲーム以外の趣味というと、自分の為に駄文を書き連ねるのが好きですが、ここはそういう散文の投棄場だとも言えます。
 さて、シスタープリンセスが連載されていたG'sマガジンを毎月楽しみにしていたあのころが懐かしい今日このごろ。みなさまいかがお過ごしでしょうか・・・

メモ帳
カテゴリ
最新コメント
自分用リンク
検索フォーム
月別アーカイブ