FC2ブログ

2019年総括

 本年も皆様には大変お世話になりました。
 平成最後であり令和最初の1年。歴史の動きも渦中にいれば尚のこと他人事のように感じる所に妙味を感じておりますが、さて 2019年の前半はAnthemとSEKIROに素晴らしいゲーム体験を味あわさせていただき、2019年の後半はほぼほぼFF14をしていたと言っても過言ではありません。

 『Anthem』は、爽快感とロマン溢れるアクションと砲火・雄大で超自然的なフィールドマップに素晴らしいデザインのスーツ達・・・とてもワクワクさせてくれるゲーム体験を与えてくれた一方で、バグフィクスに加えてやり込みや周回・収集・厳選要素等のロードマップが未発達のまま見捨てられてしまった無念の作品となりました。
D0o8yg7UcAAan3b.jpg

 『SEKIRO』はレベルデザインの妥協の無さに感服しました。ソウルシリーズの系譜のままのギリギリで無理ゲーでは無い難易度に、多彩な副武器とシンプルなゲーム性。オンラインを廃することによる自由度の発展。正直和風ファンタジーって好きじゃないんですけど、メチャクチャ楽しみました。
D2k_m3YU4AA2yUM.jpg

 『FF14』は知り合いがやっていたので、ストーリー見たさに軽い気持ちで始めたものの、ズルズルといつのまにか零式に巻き込まれ、クリアしてしまいました。愉快なメンツと煽り会いながらやるPVEは楽しいですね。動かして良し、読んで良し、眺めて良しと隙の無い練り込まれたゲームです。
EHka-fIUUAACJmo.jpg

 そして最後に『十三機兵防衛圏』という年末の魔物SF作品について。あまりにクールすぎる2D美術に、シナリオジャンル自体すら大きく転換しつつ……なぜ戦っているのか、何と戦っているのか、その真実の壮大さ。決してオマケではないやり応えと爽快感のあるSLGパート。そしてそのSLGパートすら、世界観なのだ。
ENHN5anVUAAOoqb.jpg

 さて、ライフワークのエロゲについては、着実な業界の縮小の加速を肌で感じている所です。まあ縮小と言うよりは集約しているという面もあるのかもしれませんが、心を打つ作品はしっかりと出てくるので追い甲斐はまだありますね。
 2019年の新作では『loveclear』は水澄√だけですが完全に打ちのめされました。あまりに美しい、直向きな愛と人生への憧憬に満ちたシナリオとテキスト。間違いなく今年の一番はこれです。モノローグが美しいんだよほんとにさあ・・・。
WS000339.jpg

 次点は『タマユラミライ』『SugarStyle』が良かったですね(なおどちらも終わらせるのがもったいなくてコンプしてない模様)。『タマユラミライ』は古き神々や妖異が未だに息づく世界で、それらと共に生きる作品ですが、主人公が世間体や寿命などちゃんとした”代償”を払いながら”為したい事を為す”その生き様がとても格好良いし、また超常存在達の性格がとても清々しくて大好きな作品です。『Sugar*Style』はSMEEらしい作品で女の子の可愛さの描写がとてつもなく上手。主人公の思考→行動に反応→好意等と返ってくる……その積み重ねが恋路になるんですねえ。この当たり前は、しかしながら貴重なんですねぇ。
WS000340.jpg

 今年のゲームについてはそんな感じでした。相変わらずゲーム(とピノ様)しか無い人生を歩んでおりますが、引き続き来年もよろしくお願いいたします。




以下、今年やったエロゲ一覧所感一覧

『絆きらめく恋いろは-椿恋歌-』
 ハーヴェストオーバーレイといい出来の良いFDを作ってくれるのは、とても嬉しい。
 しかしながらカグヤがえっちえっちすぎて自分の中では全て持っていったような気がする。
 ぺろっ・・・これは浮気の味だぜ!!!!(原画がぺろであることと掛けた激ウマギャグ)
 お姉ちゃん可愛いんだけど、個人的な嗜好から言うならば、家との確執にもっと切り込んで欲しかったかなあ。

『宿星のガールフレンド2』
 1での欠点だったエロシーンの残念さが大幅に改善されていてとても良かった。
 特に3Pの出来が良い。恋人の前で別の女を抱く背徳感や、恋人の友人に恋人の淫靡な側面を見せつける優越感など、シーンは一つだがよく考えられていた。たまにこういう大当たりがあるからエロゲは止められねえ。

『蒼の彼方のフォーリズムPerfect Edition』
 追加されたエロシーン目当てだったけどどーでもいいレベルのアレだった。なんだあのやる気の無い構図。

『なちゅらるばけーしょん』
 年季の入ったエロゲーマーがやると落ち着きを無くしそうな設定のカタマリにじわじわくる。これぜったい陵辱モノだよね!!!違うの!!? とキャッキャしていたが、きわめて無難で凡庸な作品だった。
 素材は良いけどいまいちテンションが上がらなかった。E-moteが完全に切れればも少し落ち着いて楽しめたのかなあ。

『言の葉舞い散る夏の風鈴』
 仰子先輩√がメチャクチャ可愛くてそれに尽きた。
 ナイショの押しかけ同棲から、だめな所と憎めない所と愛らしい所を知っていく流れが丁寧でテンポが良くて大変よろしいし、その熱量が頂点になる告白シーンがまた、静かで直接的じゃ無いんだけど、好意が交わって愛が結びつくような告白で、最高。
 なお人気投票最下位な模様。まあ玄人好みの味よな・・・。

『loveclear』
 物語の導入がものすごく乱雑だし、構成もメチャクチャで頭痛くなってくるテキストだけど、
 最後にとっておいた水澄√に完全にやられました。つかみ所は無いし、頭の回転も要領も悪いけれど、一途で可愛い水澄を描き出すテキストもさることながら、ぽんこつがぽんこつなりに懸命に自分を貫こうとするシナリオで愛おしさ倍増。
 自分は基本的に、エロゲの定番であるヒロイン視点での『主人公君好き好きモノローグ』が下品で大嫌いなんですが、水澄√のモノローグは詩情が感じられて美しさすらありました。そして兄貴の愛…深すぎるぜ。

『9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ』
 春風みたいな面倒くさい女の子大好き。裸ワイシャツありがたい。やっぱりつばすの絵は表情が良いねえ。
 そして最終章へ・・・って感じの引きだったけど、一体誰がヒロインになるのやら。
 しかし与一を見て思ったが、人道から外れた敵って却って小物感が凄いよな。

『pieces/渡り鳥のソムニウム』
 どの√も綺麗なシナリオで楽しめた。それ以上に主人公やサブキャラの台詞回しが秀逸で、テンション下げずに楽しめた。
 こういう自分の感情を持った主人公が、悩みながらも行動していくのが大好きなんだ。
 水鏡の絵も変わらずぷにまんとぷっくり乳首が素敵。

『白恋サクラ*グラム』
 OPムービーが下品すぎて最高。永久保存されるべき。
 本編はありません(?)

『夢と色でできている』
 ヒロインの初期好感度が全員MAXから始まるけど、関係性自体はちゃんと変化していくから退屈するような内容では無い。
 しかし意味の無い選択肢が多すぎてストレスがたまる上、終盤は超展開電波シナリオでよくわからなかった。
 ヒロインの魅力の描き出し方はとても上手だし、karoryが原画ってだけで嬉しかったよ・・・。
 ちなみに主人公がなんでこんなに好意を持たれてるかは全く不明でした。

『剣聖機アルファライド』
 3年越しに『剣聖機アルファライド』をクリア!!!とにもかくにもシナリオがひどすぎてここまで塩漬けにしてしまった許して欲しい許してくれるねありがとうグットトリップ・・・ETERNALの売り逃げ最後っ屁・・・かなしいなあ・・・
 特に黒い方のシナリオがひどすぎて見るに堪えないレベルだった。シナリオの後半半分は主人公がずっとキチガイで、主人公の周囲もプレイヤーもすべて置いてけぼりのまま、最終的には廃人になって終了したりする。なおそれをフォローするかのように周囲のサブキャラは良キャラ揃いだったりする。サブキャラ同士の会話はかなり好き。

『月の彼方で逢いましょう』
 メインはとてもイイSFだった。
 終盤のまとめ方に無駄が無くて読後感がすっきりしてるし、冒頭のシーンも綺麗に回収できてる。
 他のルートはあんまり心に来るものは無かったが、松宮編集長はババア可愛くて良かったですね。

『ラズベリーキューブ』
 クーポンもらったのでつい購入。とにかくラブイチャの質が高くて良かった。
 みなと可愛いよみなと。蹲踞フェラ好き。

『宿星のガールフレンド3』
 出来は良いんだけどヒロインとしての魅力が一段劣る感じがしてしまった。

『彼女は友達ですか?恋人ですか?それともトメフレですか?』
 セックスやり始めるくらいまでかなーり引っ張られたけど、
 やり始めてからは短かく纏まっていて(いつもの十全シナリオよりは)ダレなかった。
 それはそれとして、メーカーは違えど同じライターでヒロインの配置の仕方(猫かぶり・高嶺のチョロイン・キチガイ撫子・妹・奴隷)がまるっと同じなのが面白すぎた。

『アイキス』
 誰にも何の渇望も無いから、特にこう感想のようなものが出て来ない、いつものキスシリーズだった。
 双子の正常位CGはどちらも良い構図。でも2人とも最初から好感度がMAXなので味気ない恋愛だった。残念。

『私があなたを護るための5つの約束』
 ショタの声がヒロインより高い作品って意外とあるけどギャグっぽいよな。
 ちゃんと射精を我慢できない竿役と、おっぱいが大きくて優しく射精を見守ってくれるヒロインなので、早漏シチュ愛好家として楽しませてもらいましたありがとう。

『流星ワールドアクター』
 小町が可愛すぎたので購入した。私を含め一部の人間には残念な事ですが処女ビッチでした。
 ヒモルカくん急にデレデレになって笑う。女を守るために巨悪から手を引くのは、格好いいので好きです。諦めたものが勝者だと、言っていたしね。あとエロCGの表情が良き。
 他の√のシナリオもそうなんだけど、世の中を逆転させるような救済を為す英雄では無く、自分の手の届く範囲で、
やれること・やりたいことを考えて実行する当たり前の存在の主人公がとても良かった。
 
『白刃きらめく恋しらべ』
 やはり100cm越えの爆乳メイド。鬼に金棒。もちろん露出は控えめ。これね。
 初期好感度がMAXから始まってしまうのでギャルゲーとしてはつまらなかったけど、なんか久しぶりにこの『邪なメイド』成分を摂取できたのでその点は良かった。

『Riddle Joker』
 あやせ√の思わず感情が漏れ出てしまう告白しーんと七海の妹イチャラブ描写がとても良かった。
 髪を上げたり堕ろしたり、結ったりまとめたりするCG差分の素敵さも良い。

『アイカギ』
『アイカギ ~アフターデイズ~』
 パイズリCGだけはとても良かったが、あとは演出力に欠けた残念な同棲もの作品。
 感情の動かしかたといい、なにもかも足らなさすぎる。
プロフィール

沙原 塞

Author:沙原 塞
 中1から萌えオタの社会人ゲーマー。ゲーム以外の趣味というと、自分の為に駄文を書き連ねるのが好きですが、ここはそういう散文の投棄場だとも言えます。
 さて、シスタープリンセスが連載されていたG'sマガジンを毎月楽しみにしていたあのころが懐かしい今日このごろ。みなさまいかがお過ごしでしょうか・・・

メモ帳
カテゴリ
最新コメント
自分用リンク
検索フォーム
月別アーカイブ